So-net無料ブログ作成
ヘッダー画像は、私のピアノ周り。
TPPで食の安全と医療は大丈夫なのか?  ★考えてみよう!TPPのことhttp://www.think-tpp.jp/index.html
東北復興応援に取り組んでいます ★エスニック・キッチン制作東北応援CDと、OH!ジーンズ制作東北応援CDは、ともに目標の100枚を完売。売上金全額を復興義援金として寄付しました。 エスニック・キッチン結成5周年記念 東北応援CD「音楽と語りで巡る武蔵国分寺のいまむかし」OH!ジーンズの東北応援CD東北復興応援コンサート「多摩・東京アクション」~伝承音楽の宝庫・東北地方への敬意と、復興への祈りを込めて 原発再稼働に反対しています  みんなで決めよう「原発」国民投票さようなら原発10万人集会・ さようなら原発1000万人 アクション 

■エスニック・キッチンのオリジナル「音楽と語りで巡る武蔵国分寺のいまむかし」全編上演のご案内 [2013年ライブ&作品インフォ]

エスニック・キッチンのオリジナル組曲「武蔵まほろば」(全9曲)を“歴史語り”で?いで再構成した作品、「音楽と語りで巡る武蔵国分寺のいまむかし」を、5/25(土)本多公民館ホールにて、全編上演します。

作品上演時間が55分と長いため、これまで、全編上演の機会は2回ほどしかなく、3曲ほどを再構成した短縮バージョンの上演を繰り返してきましたが、このたび、国分寺市本多公民館の新緑まつりの実行委員会企画として、全編上演させていただくことになりました。
新緑まつりは5/24(金)~5/26(日)の3日間。その中日の5/25(土)13:30から14:40の予定です。

演奏には、日本の篠笛、西洋のアルトサックス、和太鼓入りパーカッションを中心に、西アフリカの瓢箪付き木琴(バラフォン)、西アフリカの壺太鼓(ウドゥ)、中国雲南省の瓢箪笛(フルス)、など、世界の珍しい民族楽器を使っています。作品上演の後、それらの民族楽器の説明もいたします。

武蔵国分寺のいまむかしチラシ表.jpg

ダウンロード用チラシ
実行委員会企画「武蔵国分寺のいまむかし」.doc

-----------------------------------------
第29回 本多公民館新緑まつり 実行委員会企画

音楽と語りで巡る武蔵国分寺のいまむかし

歴史の重層地帯・武蔵国分寺を題材とした“自然と歴史の音楽絵巻”

■日時:2013年5月25日(土)13:30開演 14:40終演予定
■会場:国分寺市立本多公民館ホール  地図はこちらに
■出演:エスニック・キッチン(器楽アンサンブル)
■主催:本多公民館 新緑まつり実行委員会(共催)
■入場無料 申込み不要(直接会場へ)

■上演作品紹介&プログラム 
泉湧く豊かな森に育まれた縄文時代、
遥かなるシルクロードをたどって様々な異国文化が押し寄せた天平時代・・・・
武蔵国分寺いにしえの風を音楽にのせて

<曲目>作曲:畑中久美子/編曲:エスニック・キッチン
1.イントロダクション
2.万葉の風・・・・・・武蔵国分寺の史跡の上には今も万葉の時代と同じ風が吹き渡り、いにしえの面影を運んで来るようです。
3.朝もや・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・朝霧に包まれた幻想的な光景から、国分寺崖線の一日が始まります。
4.Uki-Uki水汲みウォーク・・・・・・ハケ上に住み着いた縄文人たちが水を運んで行く足取りはこんな感じだったでしょうか。
5.蓮花・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・釈尊の誕生の際、蓮の花が開いて、その瞬間の到来を告げたそうです。
6.泉に来たりて・・・・・・・・・・・・・・・・真姿の泉(ますがたのいずみ)の名の由来ともなった玉造小町伝説にちなんだ曲。
7.時の回廊・・・・・・・・・・・・・・・・・・・史跡を巡ると、ひとつ、またひとつと時の扉が開かれます。
8.異国風の踊り・・・・・・・・・・・・・・・・天平寺院の法会で奉奏されたという大陸風の音楽と踊りをイメージ。
9.十三夜~月下の舞~十三夜・・・真姿の池の水面に映る月が風に砕かれる時、この地に宿る精霊たちが目覚め・・・・。
10.まほろば・・・・・・・・・・・・・・・・・・・この先も、この地が平和で平穏な場所であり続けるようにと祈りを込めて。

■器楽アンサンブル「エスニック・キッチン」                            
●2007年8月、本多公民館で旗揚げ。本多公民館で育ち、本多公民館を拠点としている3人組アマチュアバンド。篠笛・サックス・打楽器など和洋楽器に世界の民族楽器も取り込んだ、ちょっと不思議な癒し系エスニックサウンド。
●当地・武蔵国分寺の自然と歴史を題材とした創作曲を中心に演奏活動。最近は、日本や世界のスタンダードナンバーをエスニック風アレンジで演奏することにも取り組んでいます。
●メンバーと担当楽器
畑中久美子(日本の篠笛・西アフリカのバラフォン・語り)
畑中武(アルトサックス・中国瓢箪笛・西アフリカの壷太鼓・日本のチャッパ・木の実マラカス)
木村草彦(パーカッション=和太鼓入りキムラセット)
●エスニック・キッチンのブログ:http://blog.livedoor.jp/ethnickitchen/ メール:kumihatanaka@gmail.com

実行委員会企画についてのお問合わせ:本多公民館 [電話](042)321-0085


nice!(30)  コメント(7) 
共通テーマ:音楽

nice! 30

コメント 7

獏

いにしえを感じられるのでしょうね。。。^^)
全曲作曲ですか!!素晴らしい!!(@@)

by 獏 (2013-04-15 21:40) 

銀狼

素晴らしい公演となりますように。。。^^
by 銀狼 (2013-04-15 22:38) 

ゆうのすけ

昨年ご近所にお伺いして 一年近くになるんですが そろそろ新緑の緑がまぶしい街並みになる頃ですね。
賑やかなサウンドで 心からうきうきするステージになりますように!^^☆
武蔵野は 緑の風がすごく似合いますよね!☆
by ゆうのすけ (2013-04-16 21:37) 

さきしなのてるりん

瓢箪付き木琴(バラフォン)、西アフリカの壺太鼓(ウドゥ)、中国雲南省の瓢箪笛(フルス)、世界の珍しい民族楽器。聞いただけで、聞きに行くのと見に行きたいという気持ちになってしまう。きっと万葉の日本が世界とつながる不思議な世界が体験できるね。
by さきしなのてるりん (2013-04-16 22:08) 

DEBDYLAN

素晴らしい企画ですね!!
成功されますよう祈ってます^^♪


by DEBDYLAN (2013-04-17 00:50) 

お水番

みなさん、ありがとうございます。
これからしばらくの間が、一年中で一番いい季節かも。
花粉症もそろそろ下火、といっても、連休前まではヒノキの花粉が飛びますが、新緑まつりのころは体調も安定するので、頑張りたいと思います。
by お水番 (2013-04-20 19:22) 

お水番

りんさんの、池田の天平文化再生とどこか通じるかもね。
いつか、りんさんの畑で演奏してみたいなあ。
by お水番 (2013-04-21 11:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント