So-net無料ブログ作成
検索選択
ヘッダー画像は、私のピアノ周り。
TPPで食の安全と医療は大丈夫なのか?  ★考えてみよう!TPPのことhttp://www.think-tpp.jp/index.html
東北復興応援に取り組んでいます ★エスニック・キッチン制作東北応援CDと、OH!ジーンズ制作東北応援CDは、ともに目標の100枚を完売。売上金全額を復興義援金として寄付しました。 エスニック・キッチン結成5周年記念 東北応援CD「音楽と語りで巡る武蔵国分寺のいまむかし」OH!ジーンズの東北応援CD東北復興応援コンサート「多摩・東京アクション」~伝承音楽の宝庫・東北地方への敬意と、復興への祈りを込めて 原発再稼働に反対しています  みんなで決めよう「原発」国民投票さようなら原発10万人集会・ さようなら原発1000万人 アクション 
日記(2012.2~) ブログトップ
前の10件 | -

■混声合唱団 青春隊の新しいチラシ2015年5月版ができました [日記(2012.2~)]

来年は5周年記念コンサートを開催することが正式に決まり、5周年に向けて、青春時代の歌を一緒に歌おうという呼びかけ(団員募集)のチラシを造りました。

今回のチラシは、合唱の舞台発表の写真だけではなく、親睦会などで撮影したスナップから、団員ひとりひとりの生き生きとした表情をコラージュして載せてみました。
チラシ裏面には、指揮者・伴奏者のプロフィールや、青春隊のこれまでのレパートリー30曲に発表年代を入れた一覧表を載せました。
青春隊という合唱団の活動紹介パンフレットも兼ねたような形になりました。

201505青春隊団員募集WEB_page001.jpg

201505青春隊団員募集WEB_page002.jpg

ダウンロード用pdf:
201505青春隊団員募集WEB.pdf

入会ご希望の方、まずは見学を!
ちょっと覗いてみたいという方、ご遠慮なくお問い合わせください。

問い合わせメール:kumihatanaka@gmail.com(畑中)


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

■混声合唱団「青春隊」のお花見(小金井公園) [日記(2012.2~)]

4/2(木)、青春隊恒例のお花見、今年も小金井公園にて。

今年は花見の日程の見極めが難しく、4/2木曜日を逃すと、金曜日から雨、来週には散ってしまいそうというので、4/1の青春隊の練習の時、急きょ「明日!」と決定。

さすがに「明日」となると皆、予定がはいっていて、今年は参加が11人と、やや少なかったですが。

小金井公園の桜はまさに満開。これ以上はないというほど、ジャスト満開でした。

先発隊は、カートにシートを満載して、朝9時に電車で国分寺を出発。
武蔵小金井からバスに乗り、9時半ごろ、いつもの江戸建物園前に到着。
すでにあちこちにシートが敷いてあり、毎年とる場所には別のシートが敷いてあったので、その隣りあたりに設営開始。
頭上は桜の枝に覆われた最高の場所に立派な桟敷席ができました。

IMAGE001.JPG

IMAGE002.JPG

IMAGE003.JPG

本体は11時に武蔵小金井で食料品や飲み物を買い込んで、11時半過ぎに到着。
団員と青春隊応援団もまじえて、さっそく宴がはじまりました。

みんな、いい笑顔でしょ。
IMAGE004.JPG

IMAGE005.JPG

IMAGE006.JPG

IMAGE007.JPG

IMAGE008.JPG

日が高くなると、桜はますます開き少しずつ散り始めました。
花弁が風に舞うたびに歓声があがります。

▼けん玉が始まりましたよ。いい構えですね。
IMAGE009.JPG

IMAGE010.JPG

IMAGE011.JPG

▼こちらは、花より団子の図。
IMAGE012.JPG

IMAGE013.JPG

IMAGE014.JPG

IMAGE015.JPG

IMAGE016.JPG

まさに、”THE HANAMI” ですね。

桜の下に桟敷を作って輪になって浮かれる「お花見」は日本だけの風習なのだとか。
花見のために日本を訪れる外国からの観光客も増えているそうですね。
これはもう、日本が世界に誇るべき文化ですなあ。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

■河豚でお祝い [日記(2012.2~)]

夫の誕生日。
家族のお祝いといえば、ここです。

▼母も招いて乾杯!
IMAGE001.JPG

▼てっさもいいけど、ぶつ刺しが美味いのです。
IMAGE002.JPG

▼唐揚げです。
IMAGE003.JPG

▼河豚ちりです。
IMAGE004.JPG

▼ぐつぐつ煮えてます。
IMAGE005.JPG

▼ご満悦です。
IMAGE006.JPG

▼おじやです。
IMAGE007.JPG

▼おじやです。
IMAGE008.JPG

▼おじやを食べたおやじです。フェイスブックに写真を送っています。
IMAGE009.JPG

▼デザートのゆずシャーベットです。
IMAGE010.JPG





タグ:玄品ふぐ
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

■エスニック・キッチンnews20号、出しました。 [日記(2012.2~)]

エスニック・キッチンnews20号、出しました。
なんと一年半ぶりの発行です。
昨年の11月にさかのぼってのライブレポートと、今年5月・6月のライブ案内です。
創刊が2010年4月でしたので、この20号がちょうど5周年記念号!
一人で作っているから、忙しくなると出せないけど、まあボチボチと続けて行こうと思います。

WEBエスニック・キッチンnews-20号.jpg

WEBエスニック・キッチンnews-20号裏面.jpg

ダウンロード用PDF
WEBエスニック・キッチンnews-20号(2015年4月号).pdf

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

■「花は咲く」を篠笛で [日記(2012.2~)]

きょうは、混声合唱団「青春隊」の新年会。
立川の「ベースボール」というちょっとかわった宴会レストランで、常時、マイクが使えて、カラオケもあって、生演奏ができるお店です。

お世話役さんから、畑中にも何か2~3曲演奏するようにという指令がきましたが、今回、あつぎりーずはメンバーが揃わないので、とりあえず、篠笛を2曲ほど演奏しましょうか、と伝えておきました。

正月休み明けの市民活動センターの新年会で吹いた笛ソロのなかから、祝い唄のIMAGE008.JPG」、ポピュラーソングの「花は咲く」を吹くことにしました。
市民活動センターの新年会で、「花は咲く」はもう少し反応があるかなと思ったら、参加者の大半を占める男声シニアはほとんど無反応。まちづくり関係には強い関心はあるけれど、音楽には関心もないグループだと、「花は咲く」は案外知られていないのかも。

一方、先日日曜日の太鼓っこクラブでは、全く反応が違っていました。
障害を持つ青年たちの和太鼓サークルで、私は一緒に太鼓を叩くボランティアをしています。
笛に合わせて太鼓を叩く曲もあるので、私は常時、篠笛持参。
新年最初の練習で、荒馬踊りを跳ねたのでみんな少し息があがり、息を整える間、何か笛を吹いてと言われて吹いたのが、「花は咲く」。

するとどうでしょう、みんな、フィギアスケートの羽生結弦君になりきって、踊り始めたのです!
障害を持つ青年たちの、なんと素敵な感性でしょう!!

それにしても、東日本大震災被災地復興支援ソングとして有名になった「花は咲く」は、今や、羽生結弦君によって、さらなる命を吹き込まれ、輝きを増したのですね。

震災から丸4年を迎える今年になって、私がこの曲を取り上げようと思ったのは、、羽生結弦君のスケートを見たことがきっかけでした。
歌っているのはシンガーソングライターの、指田文郁也(さしだふみや)さん。
私好みの歌声に魅せられました。
今回は篠笛での演奏ですが、いずれはピアノの弾き語りのスタイルでカバーしたいなあと思っています。

さてさて、今日の青春隊は、どんな反応を見せてくれるかな。




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

■阪神淡路大震災から20年 [日記(2012.2~)]

もう、二日すぎてしまいましたが、先週の土曜日、1/17。
阪神淡路大震災からちょうど20年でした。

20年前、転勤先の西宮で震度7の激震に遭遇。
その後数年間は、1/17が近づくと、足がすくむような感じがしていました。
最近はそれがなくなってきていましたが、20年目の今年は、足がすくみました。
どんなに時が流れても、生きている限り、決して終わることはないのだなあ、と思う。

東日本大震災から、もうすぐ丸4年。南三陸町の親戚が被災し、家と仕事場を流されました。被災地には一度、お葬式で行ったきりですが、今年は夏ごろに、南三陸町のキラキラ丼を食べに行こうと思っています。

私にとって、阪神淡路大震災が決して終わることがないように、東日本大震災も、そして最近多発している甚大な自然災害も、被災した人間にとって、決して終わることがない。
それを忘れてはいけないのだと思います。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

■混声合唱団「青春隊」の団員募集チラシを作りました [日記(2012.2~)]

混声合唱団「青春隊」は年明け、すでに2回の練習がありました。
1/11の音楽連盟新年会でも、舞台で2曲歌い、大ウケでした。(ブルーシャトーと知床旅情)
次の水曜日21日は、新年会。
そして、2/5(木)は、万葉の里を後援する会主催のチャリティーHeartful Concert2015に出演します。

この1月で青春隊は、創設4年となりました。
来年は5周年ですので、5周年記念コンサートを是非ともやらねばと張り切っております。

現在、団員は31名。幅広い年齢層です。
5周年に向けて、さらに幅広いサウンドを目指し、団員募集中!
団員募集のチラシも少し手直しし、コンサートや公共施設などで配布してまいります。

青春隊チラシ画像.jpg

201501青春隊団員募集チラシpdf.pdf

これまでは、昭和の青春歌謡限定と言いつつも、少し幅を広げてもよいのではないかという声も増えてきました。
団員の年齢層も非常に広いため、それぞれの青春時代の曲は、かなり年代に開きがあるのも事実。
若いほうの世代の青春時代の曲や、歌謡曲に限定しない映画音楽・シャンソン・ジャズなど、さまざまなジャンルの曲も、これからはどんどん取り上げて行くことになりそうです。

今年も青春隊をどうぞよろしく!






nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

■東京新聞一面トップに、鍔山英次さんの、あの大手町の「カルガモ一家」の写真が!!~三井物産ビルの水辺復活計画で [日記(2012.2~)]

昨日の東京新聞の朝刊を、今朝、読みました。
なんと、一面トップに、鍔山英次さんの、あの大手町の「カルガモ一家」の写真が!!
記事によると、大手町の三井物産ビルの水辺が復活される計画なので、また都心でカルガモにあえるかも。

ウェブではここで読めますよ。
http://www.tokyo-np.co.jp/…/ec…/news/CK2015011202000144.html

1985年、当時、東京新聞の写真部デスクだった鍔山英次さんが撮影したカルガモのお引っ越しの写真によって、大手町の人工池のカルガモが一躍人気者になったのでした。
カルガモのお引っ越し、みなさん、覚えておいでですよね!

鍔山英次さんは、私が「夜桜地蔵」を作詞作曲するきっかけになった、シダレザクラの下のお地蔵さまの写真(場所は群馬県沼田の上発知)を、葉書にプリントして送ってくださった方。
野川や津軽などの写真、そしてスーパー歌舞伎など舞台芸術の写真はどれも素晴らしく、私の憧れの写真家です。

30年前に鍔山さんが撮影されたカルガモの写真、感動的ですよ。
きょうは、昨日の東京新聞のおかげで、とてもいい気分!

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

■2015年 明けましておめでとうございます [日記(2012.2~)]

明けましておめでとうございます。

昨年は何やらキナ臭さがただよいはじめ、うかうかしていると、オッソロシイところへ流されてしまいそう。
今年はみんなでしっかりしないとなあ~、なんて思いながら、元日は夫と一緒に東京スカイツリータウンの墨田水族館に行って、海月を見てきましたよ。
きれいな海月がいっぱい漂っていました。
こういうのを見ると、脳がリセットされる感じね。

IMAGE003.JPG

IMAGE004.JPG

そのあと、浅草に行って、観音様をおまいりしようと思ったら、ものすごい人出で本堂まで近づけないので、遠目から拝んで花屋敷遊園地側に抜けてぶらぶら歩いていると、お笑いライブのあやしい呼びこみに出会いました。
まあ正月だからというのでのぞいてみることに。そこは浅草六区通りにある「浅草リトルシアター」という、文字通り、小さな小さなお笑ライブ小屋でした。
木戸銭1500円を払い、約45分の間に芸人さんが次々に登場し、全員、見たことのない人たちでしたけど、大いに笑いました。

漂って笑った元日でした。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

■2014年大晦日 [日記(2012.2~)]

近所の本村八幡の除夜の太鼓がドカンドカンと鳴り始めました。
大晦日はこれが一晩中鳴り続けます。
本村八幡のとなりの薬師堂の除夜の鐘ももうすぐ鳴り始めます。

あと一時間足らずで今年が終わります。
来年、戦争が起きないように。
来年、原発が再稼働されないように。

アホなことはもうやめにしようよ、そう思うけど、世の中は逆の方向に動いて行きそうだ。
若い人が選挙に行かない。戦争に連れて行かれるのは君たちなのに。

なんだか祈りたい気持ちの年の瀬に、こんな曲を作りました。

-------------------------------------------------------------
青き地球を未来に

君はあの星空を見たか 時を超え届く宇宙のまたたきを
君はあの風を感じたか この生きている地球の息吹を
淀みのない大気が 世界を煌めかせる
目に見える物全ての 輝きを風が運ぶ

君はあの水を飲んだか 地中から湧く生まれたての水を
君はあの海で泳いだか 青い珊瑚と魚たちに出逢ったか
乾いた灼熱の大地に 絶え間なく降り注ぐ雨
谷を流れ海を満たし ここから全てが生まれた

君はあの森を歩いたか 命はぐくむ土を踏みしめたか
君はあの丘に登ったか 行くべき道を探し当てるために
大事なものはそばにある 足元の土の上にある
手を広げ心開けば 誰もがすぐ見つけられる

海と空とそして大地と 水と大気と風と土と緑
その全てが繋がっている どれひとつ失われてはならない
かけがえのないものたちを 奪い合い汚し続けた
人間の愚かな歴史 もう繰り返さない二度と

未来から預かったものを 全ての命のふるさとを
届けよう手渡そうこの手で この青き地球を未来に

今こそ我らの 今こそ英知を 信じよう

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - 日記(2012.2~) ブログトップ